< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

2010年08月19日

いいカモ

お盆休みの一日、天気が悪く自転車に乗らずに傘を持って散歩に出かけました(*^。^*)

久しぶりに、散策しながらのんびり気ままに歩いて行くことに(^-^)



「ガアガアガア!!」
「グワッグワッグワッ!!」

鶴: (゜o゜)「ギョッ!! びっ、びっくりするじゃねぇかっ!!」icon08


「ガアガアガガアガア!!」


鶴: 「いったい何だってんだっ!!」okoru



足元の用水路を覗き込んで見ると・・・・・・・・・

なるほど(^-^)
少し大きくなった子鴨たちがおりました。
子供たちを守るために威嚇してたんですね。

そ~っと、その場を立ち去った私でした(*^。^*)


ここの用水路には毎年カモの親子が住みつくんですよね(^-^)

子を思う親心、人間も鴨も同じです(^-^)




「かれるほど 鳴く声にみる 親心」 (丸 賀利太)
フォトラバ「今稚句抄」に参加しておりますどすぇ~(*^。^*)

同じカテゴリー(動物)の記事画像
別荘
やあ!!
アヒル その後
脱走!!
今日のにゃんこ
セミ人間
同じカテゴリー(動物)の記事
 別荘 (2010-08-23 21:24)
 やあ!! (2010-07-20 18:31)
 アヒル その後 (2010-07-14 22:36)
 脱走!! (2010-07-13 21:33)
 今日のにゃんこ (2009-10-27 19:02)
 セミ人間 (2009-07-28 18:25)
Posted by 鶴ニイさん at 21:51│Comments(9)動物
この記事へのコメント
味わい深いですね~♪
夏休みの終わったセガレに読ませたい名句です(●⌒∇⌒●)
Posted by はらほろはらほろ at 2010年08月19日 22:27
同じく長男に聞かせたい一句です(^^ゞ

最寄のあの川でしょうか!?
道路に出ててこんなところにカモだ〜と見かけました。
Posted by アド at 2010年08月19日 22:31
人間も鴨も、子を思う気持ちは一緒なんですね
子鴨、すくすく育つといいなぁ~(^^)
句も、親心が伝わってきます(^^)
Posted by える☆ at 2010年08月19日 23:08
先日は「詐欺(サギ)」にあって今回は「鴨(カモ)」にされて・・!
「鶴ニイさん」・・色々と相談にのるよ!(笑)
Posted by 楽天親父 at 2010年08月19日 23:14
いろんな鳥が川辺に集まって来ているという事は、川の水がきれいなんでしょうね

なんかホッとする光景です
Posted by ⇒ガジラ at 2010年08月19日 23:31
最近動物のほうが子供に愛情を持ってると感じることがあります。

純粋なだけに、美しいです。
Posted by kaz at 2010年08月20日 00:15
またしても意味深なタイトル、、、と思いきや、何ともほのぼのする光景でしたの。
Posted by ざいご at 2010年08月20日 03:45
詩人・俳人 マルガリータさん
なごみの世界にありがとう。
Posted by  ひよこ隊  at 2010年08月20日 06:33
こんばんわ(^-^)

☆はらほろさん☆
いやいや、はらほろさんのせがれ君は良いお子さんですよ(^-^)


☆アドさん☆
はい。
あそこですよ(*^。^*)

このカモも最初道路をヨチヨチ歩いてましたよ(^-^)



☆えるさん☆
たぶんこの用水路のどこかで孵化したんでしょうね。
高くて飛べるようになるまでここから出られないと思います(^_^;)


☆楽天親父さん☆
とどめは、キツネにつままれる予定でございます(^_^;)


☆ガジラさん☆
私が子供のころは、ドジョウやらミズカマキリやらが沢山いたものですが今はほとんど見かけなくなりました・・・・(+o+)


☆kazさん☆
そうかもしれませんねー(^-^)
彼らは子孫繁栄のためにほんと命がけで生きていると思います(^-^)


☆ざいごさん☆
鳥ネタが続きました(*^。^*)
このカモたちは今、どこで夜を明かしているのでしょうか(・。・)


☆ひよこ隊さん☆
いえいえ。
ほんの一息の息抜きになれれば幸いです(^-^)
Posted by 鶴ニイさん at 2010年08月20日 21:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。